ほび太のFX短期トレード情報

このブログは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析をメインの短期トレード主体のブログです。初心者のトレーダーにも分かりやすく解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

カナダドル円 短期トレード

f:id:Original23:20210929095633p:image

米テーパリング実施が濃厚になってきた事で、景気回復を予想した事を見込んで、原油の上昇と同時に、カナダドル円も上昇しているのか?

はたまた、OPECOPECプラスが減産強調をしている事が原因で、原油の上昇と同時に、カナダドル円も上昇しているのか?

どちらにしても、日足はエリオット波動4波の上昇目線。

という事で、短期的なカナダドル円を、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析を中心に解説していきます。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 かなり初心者向けに書いている短期的なトレード情報ブログを是非参考にしていただければと思っています。

 

カナダドル円 短期的な見通し

 (短期的な方向)

 (短期的なテーマ)

  • 経済指標に注目。
  • 米財政政策の行方

以上のテーマを簡単に解説していきます。

 

経済指標に注目

言うまでもなく、今週から来週にかけて、カナダも含め、米重要経済指標が並んで発表されますので、随時チェックしていきましょう。

 

米財政政策

米政府では、現在3.5兆ドル歳出法案・1兆ドル規模のインフラ投資法案・債務上限凍結などの、各法案の採決が実施されています。

もちろん、この法案が全て通れば、米ドル売り/円売りの展開になるので、カナダドル円は買われやすくなると見ています。

引き続き、報道をチェックしていきましょう。

 

カナダドル円 テクニカル分析

ここからは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析で解説していきます。

 

カナダドル円 4時間足

f:id:Original23:20210929215449p:image

現在4時間足は、エリオット波動C波を予想。基本的には、移動平均線を完全に抜けたら、ひとまず落下と考えて下さい。

ただし、カナダドル円は日足レベルでの上昇を予想しているので、上目線で見ていきましょう。

 

カナダドル円 1時間足

f:id:Original23:20210929215653p:image

現在1時間足は、エリオット波動4波を予想。

87.5円を下抜けせずに、ダウントレンドラインを上抜けすれば、エリオット波動5波が発動すると見ています。

そこから、再度アップトレンドラインを引いて、上昇の行方を見守りましょう。

 

では、ありがとうございました。